写真を撮ろう
(株) 総合事務所

 上手い写真より、おもしろい写真を、良い写真を、撮ろう。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
 管理人へのメール


用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

掲示板


トップへ戻る

ハーフサイズ(はーふさいず)

 35ミリフィルムをつかった銀塩写真において、1枚のフィルムサイズ(36×24)の半分のサイズ(17×24)のこと。フィルムサイズが半分になるので、36枚撮りのフィルムであれば、72枚撮れることになり、経済的な理由から普及した。しかし、フィルムの面積が半分になることは、画質の低下を招き、大きな印画紙に引き伸ばすと粒子の荒れが目だった。またカラー写真の現像代が高価だったので、印画紙に焼くとかえって高価になった。

 オリンパス・ペンが先鞭を付けたので、ペンサイズともいう。

オリンパス・ペン EES
写真はウィキメディア・コモンズから